探偵が依頼もないのに浮気調査をしたら法的に罰せられるのか

探偵は、原則として法律によって調査の権限を与えられているため依頼があったときには合法的な手段によって相手を調べることが出来る権限を有しています。そのため、普通に調査をする限りでは絶対に罰せられることはありません。

では、探偵が依頼もないにも関わらず浮気調査をしたときには法的にそのような行為は許されるのでしょうか。

これは、それぞれの状況によって異なると言えます。

浮気調査

仮に、本当に何の依頼もなく一般的な私人の立場として調査をしたのならば法律に触れることがあります。

しかし、実際に行った浮気調査が別の相談によってやむなく必要な調査だった場合にはこの範囲ではありません。

探偵に対する相談は、何も浮気調査だけではなく単純な素行調査も存在します。

特定の人間の全ての素行を調査する段階で浮気をしているかどうかを調べることはたとえその相談がなくても絶対に罰せられることはありません。

そのため、状況によってきちんと精査しなくてはいけないのです。