スーパーフードであるキヌアの炊き方。

近年注目されているスーパーフードの一つがキヌアです。南米原産のアカザ科の植物で、雑穀に分類されてます。スーパーフードというだけあって、白米や小麦に比べタンパク質やミネラル、脂質や食物繊維が豊富な食材です。
キヌアの炊き方は厳密に決まっているわけではなく、何度も試して自分の合ったやり方で炊いていくことをおすすめします。

キヌアの炊き方としては、茹でるときにはキヌアの量に対して2倍の水を沸騰させていきます。沸騰したお湯に入れて蓋をし弱火で20分、水分が無くなるまで茹でていき、水が足りなくなったら少しずつ足していきます。炊きあがったら蓋をしたまま10分蒸らす方法や米を研ぐ要領で洗い、たっぷりのお湯に入れて10〜15分硬さを見ながら茹で、芯が無くなったらざるに上げる方法などがあります。
お米と一緒に炊く方法もあり、お米に対して1〜2割りほど入れて炊いていきます。水は増やさなくても良く、普通に炊飯器にお米と一緒にれて炊き上げていきます。
スーパーフードのため栄養価に優れており、離乳食や老人食などにも適しています。また、米や麦と異なりアレルゲンを持たないため穀物アレルギーの人も食べられる食材で、その他健康や美容にも良いとされています。

▲ページトップに戻る