«

借金返済をしないと起こる、取立てと延滞損害金とは

借金返済 延滞損害金

借金返済をしないと起こる、取立てと延滞損害金とは

借金返済がどうしてもできない時には、しかたなく期日がきても返済せずままにやり過ごしてしまう人も少なくないです。

その場合、闇金などですと厳しい取り立てが待っていますが、大手などの消費者金融や銀行などでしたら取り立ても電話などで行われることが多いですが、初めはそれほど厳しい態度ではないのであまり切迫感を持たない人も多いです。
延滞損害金

ですので安心してそのまま延滞を続けてしまう人も少なくないですが、実は借金返済を滞りますと延滞損害金というお金を余分に払う必要が生じます。

これは元金とその金利分以外に払うお金で、また別の金利で計算されるお金になります。

この延滞損害金の金利は上限いっぱいで計算されることが多いですので注意が必要です。

借金返済を延滞し続けますとこの延滞損害金もどんどん加算されていくことになります。

ですので気が付くと非常に多くの借金を抱えてしまうことになりますので、借金減額はとにかく期日までに確実に返していくことが重要になります。