不飽和脂肪酸が含まれている食品は

不飽和脂肪酸 食品

不飽和脂肪酸が含まれている食品は
通常、不飽和脂肪酸を分類する場合には、一価と多価に分けて分類します。

一価とは不飽和結合が1個しかないもの、そして多価は2個以上もつものです。

一価不飽和脂肪酸が多い食品としてオリーブ油、サフラワー油、なたね油などがあります。

また、多価不飽和脂肪酸の多いものは油揚げ、いわし、ツナ缶などです。

そして、話題のEPAやDHAのようなω-3多価不飽和脂肪酸を多く含むものはイワシなどの青魚やマグロなどが知られています。

ω-6脂肪酸が多いものとしては大豆油、コーン油などの植物性油脂があげられます。

そのなかでもEPAやDHAは人間の体では殆ど合成が出来ないため、食品など外から摂取しなければなりません。

また、比較的含有量が少ないため、心がけて食べるようにしなければ、現代の食生活では不足がちになります。

肉を中心とした食生活に偏りがちだったり、魚を好めないような方は、サプリメントなどを利用して、不足しがちのEPAやDHAを摂取する事をお勧めします。

手軽に不飽和脂肪酸を摂取できるサプリ

肉類に含まれている脂には飽和脂肪酸と呼ばれ、体を酸化させてしまう悪影響がありますが、逆に魚類に含まれている脂には不飽和脂肪酸といって血中の中性脂肪を減少させたり、脳の神経細胞の働きを活性化させる、免疫力を向上させるなどの優れた健康利用があるとして人気があります。

不飽和脂肪酸 食品
しかし魚が嫌いだという人はなかなか不飽和脂肪酸を普段の食生活から摂取することは難しいため、サプリを利用して手軽に摂取を図ると良いでしょう。

サプリには色んな種類がありますが、DHAやEPAなどの栄養成分が含まれているものがおすすめです。

メーカーによって含有量や原産地などが大きく異なるため、購入前には栄養成分について充分調べてからがおすすめです。

毎日手軽に利用する事が出来るサプリならば、不飽和脂肪酸の力で日々を健康的なものに変えていくことが可能です。

カプセル状ならば外出先や旅行先でも利用する事が出来るため、飲み忘れを少なくすることが出来るでしょう。