探偵が依頼もないのに浮気調査をしたら法的に罰せられるのか

探偵は、原則として法律によって調査の権限を与えられているため依頼があったときには合法的な手段によって相手を調べることが出来る権限を有しています。そのため、普通に調査をする限りでは絶対に罰せられることはありません。


では、探偵が依頼もないにも関わらず浮気調査をしたときには法的にそのような行為は許されるのでしょうか。



これは、それぞれの状況によって異なると言えます。


浮気調査

仮に、本当に何の依頼もなく一般的な私人の立場として調査をしたのならば法律に触れることがあります。



しかし、実際に行った浮気調査が別の相談によってやむなく必要な調査だった場合にはこの範囲ではありません。



探偵に対する相談は、何も浮気調査だけではなく単純な素行調査も存在します。



特定の人間の全ての素行を調査する段階で浮気をしているかどうかを調べることはたとえその相談がなくても絶対に罰せられることはありません。



そのため、状況によってきちんと精査しなくてはいけないのです。

不倫は文化ではないけど、離婚は多い!

探偵にしてもらうことというのはそのたびに異なりますから、どんな場合でも変わらない料金にしてしまうと、取り扱うことは困難になります。


このことに加えて、探偵社ごとの基準もあるので、ますます確認しづらくなっております。
今、配偶者の行動で「まさか浮気?」と悩んでいるのなら、すぐにでも浮気の証拠となるものを集めて、「不安が的中しているのか!?」明確にするべきです。



一人で抱え込んでいても、何も解決することはできっこないんです。
先方に慰謝料請求を行うタイミングというのは、不倫していることが露見した際や離婚以外はない、と決断したとき以外にもあります。一例をご紹介すると、約束の慰謝料にもかかわらず離婚後になって払おうとしないなんて事態も起きているのです。



問題解消のために弁護士が不倫を原因としている場合に、ひときわ大事であると考えていることというのは、日数をかけずに処理すると断定できます。請求側でも被請求側でも、素早い処理をするのが当たり前なのです。
でたらめに料金の安さだけしか考えずに、依頼する探偵事務所を決めていると、考えていたような調査をできたとは言えない状況で、意味のない調査料金だけは支払わなくちゃいけなくなるなどといった事態だって起きる可能性はあるのです。

不倫調査の報告書をどのように活用するのか

不倫調査 報告書

不倫調査を依頼する方のほとんどは離婚を考えているか、慰謝料の料金の金額を考えています。


その場合報告書や写真などの物的証拠も活用する事ができます。
離婚条件をしっかり把握している人は当たり前ですね。


直接コンタクトをとることはありませんので、安心して任せる事ができます。


不倫調査

不倫調査は一瞬の見逃した見過ごしが命取りになってしまいます。どこまで相手との距離を置くか、近づけるかは、プロが臨機応変に行う事ができます。



料金も安いところから高額な場合もあります。



簡単に考えると、期間が長くなればなるほど、料金もおのずと上がってくるシステムです。



人数も最低二人体制の交代制なので、仮眠を取り合う事で決定的瞬間を見逃しません。



報告書も行動を事細かに記載するので、離婚調停時も有利に動く事ができます。



こちら側には一切の不利な条件がないように、こちら側に有益な情報を揃えて離婚問題を綺麗に解決しましょう。



少しでも疑惑があるなら、見積もりを依頼してすぐにでも調査を開始することで前に進めます。

離婚の条件をしっかり把握するなら